ロードバイクにハマりたい!

ロードバイクにハマりたい!

2019年09月08日にCannondale SYNAPSE DISC 105 SE 2019年モデルを購入しました。

ロードバイクにハマりたい!

ロードバイク超初心的 自転車保険

f:id:synapse20190908:20191201153731j:plain

(2021.06.02 LINEほけんが値上がりしたので記事の見直しを行いました。)

シナプスです。

毎日、自転車通勤していると、自転車って交通弱者だなと感じます。
一応、事故った時の罪の重さでいうと車の方が分が悪いのでしょうけど、実際の道路上の力関係でいうと、視野が狭く小回りも効かない車に多くは望めないので、自転車側が車に配慮する必要がありますし、そのくせ車から邪魔もの扱いされやすいです。
逆に歩行者にぶつかってしまうと、完全に自転車が悪いので、つまり法律上は
人>自転車>車
かもしれませんが、日々の感覚としては
人>車>自転車
だと感じます。

最近、うちの会社でも自転車通勤するなら自転車保険に入るように、とのお達しがあり、私も加入しました。

自転車保険のタイプとしては、下記のようなものがあると思います。

  1. 自動車保険の付帯保険
  2. クレジットカードの付帯保険
  3. 単体の自転車保険

数年前に検討したときは、どれも価格的に微妙だったのですが、最近は加入してもいいかな、という保険が増えていて入りやすくなりました。

最安の自転車保険を探してみた

2021年5月までは「LINEほけん」がおすすめでしたが、6月に100円から190円に値上がりしてしまいました。
月額200円未満だと下記の3つが見つかりました。

LINEほけん

いつでも、簡単に、100円から入れる保険|LINEほけん公式サイト

月190円で賠償責任保障は1億円、示談交渉サービスに、自分の死亡や入院保障がつきます。
手続きもLINEでサクッとできるし、支払いもLINEPayでできるので、お手軽なことこの上なしです。
逆にLINEアプリからしか申し込めないみたい?

サイクル安心保険

月140円〜!サイクル安心保険|一般財団法人 全日本交通安全協会 自転車会員入会および自転車保険加入のご案内 (hokencontract.jp)

こちらは月140円で賠償責任保障は1億円と示談交渉サービス。
ただし自分自身の怪我の保証はないみたいです。
LINEほけんとの比較すると50円差なので、どっちにするか悩ましいですね。

少額安心保険(楽天銀行ユーザー限定)

自転車プラン | 楽天銀行のお客さま専用少額あんしん保険 - 月150円~の楽天銀行口座保有者さま限定オプションサービス (rakuten.co.jp)

楽天銀行に口座をもっている方限定になりますが、月150円で賠償責任保障は1億円、示談交渉サービス、入院だけでなく通院保障までつくので、記事を書いている時点で最安かなと思います。
私はLINEほけんからこちらに乗り換えました。
楽天ポイントで支払いができて、ちゃんと期間限定ポイントから使ってくれるので、楽天ポイントの有効活用にも効果的。
年払いだと年間で90円安くなりますが、私は定期的に付与される期間限定ポイントの使い忘れ予防を狙って、あえて月払いにしました

歩行者にぶつかって死なせてしまった場合、1億円を超える請求が発生した例もあるようで、賠償責任保障がもう少しあると完璧なのですが、月額200円以下だと1億円が限界のようですね。

価格の高い保険は「自転車以外の事故」にも対応しますよ、というものが多いようです。
ただ、生命保険や自動車保険にも、そういった付帯サービスはありますし、個人的に自転車保険は自転車だけの保険にしておくのがスッキリしてて好みです。

自転車にもロードサービスがある!

自転車の保険ということで、もう一つ「ロードサービス」というのがあります。
走行不能になった時に運んでくれる「JAF」的なサービスです。
私は、提携しているアフィリエイトサービスから紹介されるまで「自転車のロードサービス」があるなんて知りませんでした。
頻繁にロングライドをされる方は検討の余地がありそうです。

ZuttoRide CycleCall

私が紹介されたのはコチラ。
月284円(年3400円)のプランは残念ながらロードサービスのみ。
月358円(年4300円)のプランだと賠償責任保障が1億円ついて、ロードサービスも年間60km×4回と充実しますが・・・これに入るなら「au損保」の方が良い気がします。
逆にロードサービスだけを提供しているところは珍しいので、保険は他で入るからロードサービスだけ受けたい場合に「年3400円」プランの優位性がでてくると思います。

CycleCall

au損保の「Bycle(バイクル)」

こちらは月340円で、2億円の賠償責任保障がつきますし、ケガの保証も充実。
ロードサービスも年間50km×4回で、遜色なし。
残念ですが、ZuttoRide CycleCall よりもバランスがいいです。

 

後は盗難保険なんかもありますが、数十万円する高級ロードバイクに乗らないとコスパが悪い価格設定になっていてイマイチでした。

 

まずは「事故らない乗り方」が重要ですね。
そのうえで、安いものでもいいので、保険にも加入しておいた方がいいのかなと思います。
義務化の地域も増えてきてますね。


プライバシーポリシー お問い合わせ